新聞の発送作業風景です!!
\(^0^)/ がんばれー

新聞作成作業

9月25日
2005年4月から新しく今年卒業の24期生を迎えてスタートした玲瓏会の新聞作成作業もいよいよ最終段階!
編集も終え、印刷できた新聞が各卒業生の皆様のもとへ届ける為の最終作業ということもあって 皆、黙々と宛名を貼り、郵送しやすいように住所別に区分しています。
現在、同窓会の方で住所が把握出来ている全ての卒業生のもとに送るわけですから、その数8,000通を軽く超えています。
(行方不明者の方等で新聞が郵送されてこないという方はこちらへ


この部屋の外側には封筒と
ダンボールの山が出来ています!
(;´д`)

新聞作成作業


発送作業をすすめていくうちに、卒業生の住所リストの約8割が茨木市
(もちろん、実家という方もいらっしゃるとは思いますが)。
「大半の方が、かつて共に学び、同じ時を過ごした“茨木東高校”のあるこの街で暮らしているのだなぁ!」
と改めて感じました。
茨木東高等学校のホームページ 学校案内 学校長ごあいさつにも中島 隆校長先生のお言葉に 『茨木東高校は平成17年で27年目を迎え、茨木市南部の地元高校として広く市民に親しまれてきました。
創立当時の卒業生の子ども達も茨木東高校生二代目として本校に通学する例も珍しくなくなってきました。』 とありました。
「そう、茨木東高校の卒業生Jrが時代は違えど、また私達と同じ学校に通っているのです。」…

少し話がそれてしまいましたが、卒業生の皆様に新聞を遅らせて頂く際に 私どもスタッフ各人が様々な想いを一緒に 詰め込んで2005年、新聞作成の最後の仕事となりました。